マータイム廃止目指す
「市民望むこと」EU委員長

夏に生活時間を早める「サマータイム」について、EU=ヨーロッパ連合が実施した意見公募で廃止を求める声が多数を占めたことを受けて、EUのユンケル委員長はサマータイムの廃止を目指す方針を示しました。ただ加盟各国の間で考え方に違いがあり、今後の議論が注目されます。

EUではすべての加盟国が3月から10月まで時計を1時間早めるサマータイムを実施していますが、健康への悪影響などを懸念する声も多く、ことし1月、フィンランドがEUに廃止を提案しました。

EUの執行機関にあたるヨーロッパ委員会は先月中旬まで1か月余りにわたって域内の市民から意見を公募し、EUによりますと、460万人が回答し、このうち84%がサマータイムの廃止を支持したということです。

EUのユンケル委員長は31日、ドイツの公共放送ZDFに対し、「市民に意見を聞いたのなら市民が望むことをせねばならないとヨーロッパ委員会に提案する」と述べ、公募で集まった意見を尊重し、サマータイムの廃止を目指す方針を示しました。

このあと加盟各国やヨーロッパ議会で議論されることになりますが、加盟国の間で考え方に違いがあり、今後の議論が注目されます。