自民党 5000円給付を白紙見直し 年金生活者への支援焦点に

年金生活者らを支援するため検討されている5000円の給付金について、自民党は反対意見が多いなどとして白紙に戻して見直す方針で、政府が来月末までにまとめる緊急対策では、年金生活者らへの支援の在り方も焦点の1つとなる見通しです。

ウクライナ情勢に伴う物価の上昇を踏まえ、岸田総理大臣は、29日、来月末までに緊急対策をまとめるよう関係閣僚に指示し、政府・与党内で策定に向けた議論が本格化する見通しです。

こうした中、年金生活者らを支援するため検討されている5000円の給付金について、自民党の高市政務調査会長は、反対意見が多く、当初想定していた今年度予算の予備費の活用も困難になったとして、白紙に戻して見直す考えを示しました。

自民党は緊急対策に向けて来月中旬をめどに政府への提言をまとめることにしていて、原油高騰対策などとともに年金生活者らへの支援の在り方も焦点の1つとなりそうです。

一方、緊急対策をめぐっては、公明党の山口代表が補正予算案を編成し、今の国会で成立を図るべきだとしているのに対し、自民党の茂木幹事長らは、当面は新年度予算の予備費で対応できるとして否定的な考えで、補正予算案の必要性や編成する時期についても与党内で調整が図られる見通しです。

“白紙に戻し見直す”高市政調会長

年金生活者らを支援する5000円の給付金をめぐり、自民党の高市政務調査会長は29日岸田総理大臣が必要性を検討するとしていることも踏まえ白紙に戻して見直す考えを示しました。

与党が提案した年金生活者らを支援する5000円の給付金をめぐっては野党側から「夏の参議院選挙目当てのバラマキだ」などという批判が出ていて、岸田総理大臣は28日の国会審議で「本当に必要なのかどうかをしっかりと検討したい」と述べました。

これについて自民党の高市政務調査会長は29日に開かれた政務調査会の幹部会合で「今年度予算の予備費を財源として活用することを想定していたが年度末で使うことができなかった。新年度予算での実施は白紙だ」などとして白紙に戻して見直す考えを示しました。

自民党は年金生活者らへの支援の在り方などについて、今後関係部会で検討を進めることにしています。