緊急事態宣言全面解除
感染対策と日常生活の両立へ

緊急事態宣言とまん延防止等重点措置は、すべて解除されました。政府は、飲食店などでの制限を当面段階的に緩和するとともに、感染が再拡大しても必要な医療が受けられるよう引き続き医療提供体制の整備とワクチン接種を進める方針です。

新型コロナウイルス対策で、東京や大阪など19の都道府県の緊急事態宣言と8つの県のまん延防止等重点措置は、30日までの期限ですべて解除され、およそ半年ぶりにどの地域にも宣言と重点措置が出されていない状態になりました。

加藤官房長官は記者会見で「ワクチンを接種した方も含め、手洗いやマスク着用といった基本的な感染防止対策のほか、混雑した場所や時間など感染リスクが高い場所を避けていただくことは引き続きお願いしたい」と呼びかけました。

政府は、飲食店やイベントなどの制限を当面段階的に緩和し、県をまたぐ移動も、ワクチンを打っていない人にはウイルス検査を呼びかけるほか、沖縄県内の空港と羽田などの主要な空港を結ぶ便に搭乗する人を対象に無料のPCR検査を今月以降も継続することにしています。

そして、感染が再拡大しても必要な医療が受けられるよう、引き続き医療提供体制の整備とワクチン接種を進める方針で、感染対策と日常生活の両立を図りたい考えです。

菅首相 「国民や医療従事者などに感謝と敬意」

菅総理大臣は1日午前、総理大臣官邸で記者団に対し「ワクチン接種は、全国民の7割の方が1回目を終え、6割の方が2回目を終えるところにきている。背中さえ見えなかったアメリカを、接種率で抜いている」と述べました。

そのうえで「これまでご協力いただいた国民の皆さんに、心から感謝申し上げるとともに医療従事者や介護などの関係の皆さんのご尽力に、感謝と敬意を表したい」と述べました。

そして「飲食店やイベントは、段階的に規制を緩和していくが話すときはマスクをして、3密を回避するなどの基本的な対策は、国民の皆さんにぜひ、ご協力いただきたい。安心できる日常を取り戻すことができるように、ご協力を改めてお願いしたい」と述べました。

“リバウンドはあっという間” 小池知事

東京都内で緊急事態宣言が解除されるのはおよそ2か月半ぶりで、都は1日から制限の段階的な緩和を始め、感染防止の徹底の認証を受けた店では酒の提供が午後8時まで可能になります。

30日夜、小池知事は記者団に対し「本当にいろいろあった2か月間だった。都民、事業者、医療従事者の皆さんの協力があって、落ち着いてきたと思う」と述べました。

一方で「いうまでもないが、リバウンドするときはあっという間だ。リバウンドさせないことを皆さんと意識をあわせながら進めたい。店側が感染防止対策を取ると同時に、利用する皆様も感染させない状況の中で食事、お酒を楽しんでもらいたい」と述べ、引き続き基本的な感染防止対策を徹底するよう呼びかけました。

加藤官房長官「暮らしやなりわい取り戻すよう努力」

加藤官房長官は閣議のあとの記者会見で「国民にもこれまでは一律の自粛をお願いしてきたが、引き続きリスクの高いものは避けていただく一方、リスクの低いものについては制限を緩和していく方向で、暮らしやなりわいを取り戻していけるように政府としても引き続き努力をしていきたい」と述べました。

また「Go Toトラベル」の再開について「観光事業をめぐる経営環境は大変厳しい状況にある。国民が安心して旅行に行ける環境を作ることが大事だという観点から、自治体や事業者の意見も聴きながら『Go Toトラベル』などの推進策をどうやっていくかも含め、観光振興策について具体的に検討していく必要がある」と述べました。

学校 分散登校から通常授業に「久しぶりに話ができた友達も」

広島県福山市の一部の小中学校では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、クラスを2つに分けて午前と午後の入れ替え制で分散登校を行っていましたが、緊急事態宣言が解除されたことを受けて、10月1日から通常どおりの授業が始まりました。

福山市では2学期が始まった9月1日から、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、教室で席の間隔など一定の距離が確保できない一部の市立の小中学校について、1つのクラスを2つのグループに分け、午前と午後の入れ替え制で分散登校を行っていました。

緊急事態宣言が解除されたことを受けて、10月1日からすべての学校で一斉登校を再開し、このうち緑丘小学校では朝から児童たちが教室で久しぶりに会った友達と楽しそうに話していました。

6年生のクラスでは、これまで別々のグループに分かれていた子どもたちが一緒に社会の授業を受けていました。

6年生の児童は「久しぶりに話ができた友達もいたので、よかったです。みんなそろってできることが少なかったので、音楽発表会などの行事が楽しみです」と話していました。

緑丘小学校の清水正憲校長は「友達と直接会って楽しそうにしている子どもたちを見て、安心しました。2学期は行事が多いので、引き続き感染対策を徹底し、工夫していけたらと思います」と話していました。

東京ディズニーランドとシー 入場者数制限緩和 当面は予約制で

緊急事態宣言が解除された10月1日、千葉県浦安市にある東京ディズニーランドとディズニーシーでは、入場者数の制限が緩和され、午前中、雨の中でも多くの人が訪れていました。

緊急事態宣言の解除を受けて、千葉県浦安市にある東京ディズニーランドとディズニーシーでは、10月1日から入場者数の上限が、それぞれ宣言期間中の5000人から1万人に引き上げられました。

解除初日の10月1日は、台風16号の接近で午前中雨が降り続いていましたが、最寄りのJR舞浜駅前ではキャラクターのグッズを身につけた人たちなどが次々と訪れました。

当面は入場は予約制で、営業時間も午前10時から午後7時までの短縮営業を続けますが、園内のレストランでは、県から感染防止対策をとっている「確認店」として認められれば、順次、酒類の提供も再開する予定だということです。

新潟県から家族5人で訪れた会社員の男性は「子どもたちがディズニーが大好きで、予約制のチケットがせっかく取れたので、台風でしたが、来ることにしました」と話していました。

岡山県から家族4人で訪れた女性は「入場者数が緩和されたことを知らなかったので、驚きました。感染しないか、少し怖いです」と話していました。