群馬県が休業要請 宣言で
酒やカラオケ提供の飲食店に

群馬県は、今月20日から緊急事態宣言の対象地域に追加されることを受け、県内全域で酒を提供する飲食店などに休業を要請することを決めました。

緊急事態宣言の決定を受け、群馬県は17日夜に対策本部会議を開いて、具体的な措置の内容を決めました。

それによりますと、措置の期間は今月20日から来月12日までとし、県内全域を対象に酒やカラオケを提供する飲食店や遊興施設に休業を要請します。

酒やカラオケの提供を伴わない飲食店などには、営業時間を午後8時までに短縮するよう求めます。

また、延べ床面積が1000平方メートルを超える大規模施設では、生活必需品を扱う場合などを除いて、営業時間を午後8時までに短縮するよう要請し、地下の食品売り場などでは入場者の整理などを行うよう求めます。

要請に応じた事業者には協力金が支給されます。

学校は…

県立学校では、2学期が始まってから来月12日までを健康観察期間として分散登校を行います。

13日以降は通常登校を予定していますが、感染状況によっては分散登校の継続や休校を行うこともあります。

部活動は全国大会や予選会などへの参加は認められますが、そのほかは全面的に休止となります。

市町村立の学校は、それぞれの自治体や教育委員会が判断します。

記者会見で山本知事は「まん延防止等重点措置の適用から1週間がたつが、感染の波を押さえ込むことができていない。爆発的な感染拡大の影響で保健所もひっ迫してきていて、今の感染状況が続くと医療提供体制に影響が出かねない。感染拡大を止めるため最大限の措置内容とした」と述べました。