山口代表「ゆゆしきこと」
公明議員の事務所捜索受け

金融機関からの融資を違法に仲介したとされる事件に公明党議員の秘書らが関わっていた疑いがあるとして、東京地検特捜部が議員事務所などを捜索したことについて、公明党の山口代表は「ゆゆしきことだ」と陳謝したうえで、捜査に協力する考えを強調しました。

東京地検特捜部は4日、金融機関からの融資を違法に仲介したとされる事件に、公明党の衆議院議員2人の秘書らが関わっていた疑いがあるとして、東京 永田町にある議員会館の事務所などを捜索しました。

これについて公明党の山口代表は、党の中央幹事会で「誠にゆゆしきことであり、国民の皆さんにご心配をおかけしていることに心からおわび申し上げたい」と陳謝しました。

そのうえで「被疑者は公明党の議員や秘書ではなく、両議員と全く面識がないこともはっきりしている。捜索を受けたことを厳粛に受け止め、誠意を持って捜査に協力していきたい。国民の不信を招くような事態は断じて許されず、党として結束して対応にあたっていきたい」と述べました。

公明 北側副代表「再発防止に向けた方策も検討」

公明党の北側副代表は、記者会見で「議員会館に強制捜査が入ったことは極めてゆゆしき事態だと言わざるをえない。党として、二度とこういうことが起きないように、再発防止に向けた方策も検討していきたい」と述べました。

そのうえで、記者団から衆議院選挙への影響を問われたのに対し「影響ができるだけ小さくなるよう、できるかぎり説明するなど、しっかり対処していきたい」と述べました。