菅首相 衆院解散時期
“コロナ収束させていく中で”

菅総理大臣は、衆議院の解散・総選挙の時期について、月刊誌「Hanada」のインタビューで、新型コロナウイルスを収束させて経済活動を再開させ、安全・安心を取り戻していく中で、おのずと決まってくるという認識を示しました。

この中で、菅総理大臣は、衆議院の解散・総選挙の時期について「選挙があることは決まっているので、時期のことは当然考えてはいる」としています。

そのうえで「ワクチン接種がものすごい勢いで進んでいるので、1日も早くコロナを収束させて、経済活動を再開させ、かつての安全・安心を取り戻す状況にまで、この勢いでもっていきたい。その中で、おのずと解散の時期も決まってくると思う。あくまでもコロナ対応を最優先に考えている」としています。

そして、勝敗ラインについては「議席数に関しては、私は欲張りですから、とだけ申しておく」としています。

一方、各種の世論調査で、菅内閣の支持率が低下していることに関連し「自分がやっていることは間違っていないという自負があるので、やるべきことをやるだけだ。そこは何があってもぶれない」としています。

また、憲法改正について、菅総理大臣は「自民党は結党以来、党是として自主憲法制定を掲げているので、憲法改正に向けて取り組んでいく方針は全く変わらない。新型コロナウイルスに打ち勝ったあとに、国民的な議論と理解が深まるよう環境を整備し、しっかり挑戦したい」としています。

東京オリンピックをめぐっては「専門家の意見や客観的な数値を見て『国民の命と健康を守りながら開催することは可能だ』という判断を下した。これまでコロナ対策に直接あたってきたので、この判断には自信があった」と強調しています。