菅首相 五輪「自宅で声援を
おくっていただきたい」

菅総理大臣は21日夜、総理大臣官邸で記者団に対し「いよいよ、23日にはオリンピックの聖火がともる。世界の選手の皆さんの活躍によって、若者や子どもたちに夢や感動を与えられる最高の機会になることを期待する。日本の選手団の皆さんには、持てる力を十分発揮していただいて、最高のパフォーマンスを見せてほしい」と述べました。

そのうえで「政府としても、感染防止に全力を尽くし、大会を成功させるための努力をしたい。国民の皆さんには、自宅でテレビなどで声援をおくっていただきたい。テレワークやその他の方法で交通量の抑制にもご協力をいただきたい」と述べました。

一方、パラリンピックの観客の扱いについて、菅総理大臣は「パラリンピックまでに感染状況が変わってきたら、組織委員会などとの5者で対応を考えることになっているので、そうなってきたら、ぜひ、観客がいる中でと思っている」と述べました。

小池都知事“中止の選択肢はない”

都内で新型コロナウイルスの感染が急速に拡大する中、東京都の小池知事は開幕を23日に控えた東京オリンピックについて、記者団から「『中止の選択肢はない』ということは変わっていないか」と問われたのに対して「はい、変わっていません」と述べました。