旧築地市場跡地で警察と
消防職員にワクチン接種を

東京都の小池知事は菅総理大臣と会談し、新型コロナウイルスのワクチン接種を進めるため、旧築地市場の跡地を活用し、警察と消防の職員への接種を進める方針を伝えました。

小池知事は21日午後、総理大臣官邸を訪れ、菅総理大臣と会談しました。

このなかで、小池知事は、新型コロナウイルスのワクチン接種を進めるため、東京オリンピック・パラリンピックで輸送車両の拠点となる旧築地市場の跡地を活用し、警視庁と東京消防庁の職員への接種を進める方針を伝えました。

また、国による十分な量のワクチンの提供を要望しました。

会談のあと、小池知事は記者団に対し「予約を今月中にスタートできるぐらいのスピード感でいきたい。都の安全を守る方々を対象にするので、基本的には高齢者との重なりがなく、混乱が防げる。何よりもパイを減らすことで区市町村の負担の軽減にもつながる」と述べました。

一方、5月31日までの緊急事態宣言の延長について、菅総理大臣と協議したかどうか、記者団から問われた小池知事は「協議していない。これまでの数字や状況、人々の思いなどを報告したので、国が判断するときの1つの案につながることを期待している」と述べました。

また、小池知事は開幕まで2か月となる東京オリンピックについて「コロナ対策をしっかりして、安全・安心な大会にすべく、連携していこうという話になった」と述べ、菅総理大臣と開催に向けて連携することで一致したことを明らかにしました。

さらに記者団が「ワクチンの接種が進めば、東京オリンピックも可能だという考えか」と質問したのに対し、小池知事は「安全・安心な大会にすべく、さまざまな工夫や努力を継続してきた。それに変わりはない」と述べるにとどめました。