河井案里氏側に1.5億万円
“関与せず” 自民 二階氏

おととしの参議院選挙で、自民党本部から河井案里氏側に1億5000万円が振り込まれたことをめぐり、自民党の二階幹事長は、個別選挙区の支援方針などは担当者が決めているとして、みずからは関与していないという認識を示しました。

おととしの参議院選挙で、公職選挙法違反の買収の罪で有罪判決が確定した河井案里氏側に、自民党本部から1億5000万円が振り込まれたことをめぐっては、野党などが原資や使途を明らかにするよう求めています。

これについて自民党の二階幹事長は、18日の記者会見で「党全般の責任は私にあるが、個別の選挙区の選挙戦略や支援方針はそれぞれ担当で行っている。それ以上でもそれ以下でもない」と述べ、みずからは関与していないという認識を示しました。

これに関連し、林幹事長代理は、17日の記者会見で「二階氏が当時、幹事長だったのは事実だが、実質的には当時の甘利選挙対策委員長が広島を担当していたので、二階氏は細かいことはよく分からないということだ」と述べていました。

自民 甘利税制調査会長「1ミリも関与していない」

おととしの参議院選挙の当時、自民党の選挙対策委員長を務めていた甘利税制調査会長は、国会内で記者団に対し「1億5000万円の件について私は1ミリも関与していない。選挙対策委員長として選挙区の公認調整には関わったが、私は、事件後に新聞報道を見て初めて事実を知った。だから、関与していない以前に、党から給付された事実も知らない。これが全てだ」と述べました。

共産 志位委員長「二階氏の責任できちんと明らかに」

共産党の志位委員長は、記者会見で「自民党本部から1億5000万円が交付され、それが買収の原資になったのではないかということが問われている。現執行部は、二階幹事長なわけで、二階氏の責任できちんと明らかにする必要があるのは当たり前のことだ。自分は関係していないかのような無責任な発言はありえない」と述べました。