高齢者ワクチン接種 7月末
終了に向け自治体支援 首相

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、菅総理大臣は政府与党連絡会議で、7月末を念頭に、希望するすべての高齢者に接種を終わらせるため、あらゆる手段で自治体を支援していく考えを強調しました。

この中で、菅総理大臣は「対策の決め手であるワクチン接種を、私自身が先頭に立って全力で進めていく。7月末を念頭に、希望するすべての高齢者への2回の接種を終わらせることができるよう、あらゆる手段を講じて自治体をサポートしていく」と強調しました。

また「来月中をめどに、高齢者への接種の見通しがついた市町村では、基礎疾患のある人を含め、一般の人への接種について1人でも多くの接種が進むよう柔軟に対応したい」と述べました。

一方、ことしの「骨太の方針」について菅総理大臣は「ポストコロナも見据え、グリーンやデジタル、地方の所得向上など、強い経済をつくりあげ、さらに少子化対策など長年の課題にも答えを出したい」と述べ、策定作業を加速させる考えを示しました。