山梨県知事 感染防止適切な
飲食店を認証の制度提案

新型コロナウイルス対策をめぐり、菅総理大臣は、山梨県の長崎知事から、感染防止策が適切に講じられている飲食店などを公的に認証する制度を全国で実施するよう提案され、「よく研究する」と応じました。

菅総理大臣は27日午前、総理大臣官邸で、山梨県の長崎知事と会談しました。

この中で長崎知事は、感染防止策が適切に講じられている飲食店や宿泊施設などを、県が独自に調査して認証する山梨県の取り組みを説明しました。

そのうえで、山梨県の取り組みが効果をあげていることから、全国に展開し、共通の認証基準を設けるなどして、公的に認証する制度の導入を提案し、菅総理大臣は「よく研究する」と応じたということです。

長崎知事は記者団に対し「山梨県では認証した施設からのクラスターの発生は2件のみだ。休業補償を行うよりも、認証制度を設けるほうが経済的にも効率的で、政府内での検討を期待したい」と述べました。