「女性の人権を無視」
辻元氏 二階氏の発言を批判

少子化の問題をめぐり、自民党の二階幹事長が「『子どもを産まないほうが幸せに送れるのではないか』と勝手なことを考える人がいる」などと述べたことについて、立憲民主党の辻元国会対策委員長は「女性の人権を無視した発言だ」と批判しました。

自民党の二階幹事長は26日の講演で「戦中、戦後の時代に『子どもを産んだら大変だから、産まないようにしよう』と言った人はいない。このごろ『子どもを産まないほうが幸せに送れるのではないか』と勝手なことを考える人がいる」などと述べました。

これについて立憲民主党の辻元国会対策委員長は党の会合で「『産めよ、増やせよ』の時代に戻りたいのか。多様性や個人の選択、女性の人権などを無視した発言で、単なる失言ではなく、本質的なところを理解していない」と批判しました。