総務省 接待問題 自民党内
から再発防止求める声

総務省の幹部らが衛星放送関連会社に勤める菅総理大臣の長男などから接待を受けていた問題などについて、25日の自民党の派閥の会合で倫理規程に違反する接待や会食は許されないとして、再発防止を求める意見が相次ぎました。

この中で、岸田・前政務調査会長は「国家公務員の倫理規程違反により処分がなされたことは、政府・与党として重く受け止め、改めて心を引き締めなければならない課題だ。国民がこれで納得するか、総務省などの信頼回復につながるか、しっかり見ていかなければならない」と述べました。

竹下・元総務会長は「特に上級公務員たる者は、しっかりと自覚を持たなければならないが、総務省や農林水産省で起きている事態はあってはならない。国民の視線を受け止めて、もう1回、ふんどしを締め直さないといけない」と述べました。

また、伊吹・元衆議院議長は、総務審議官当時に1人あたり7万円を超える接待を受けていた山田真貴子内閣広報官について「『飲み会に誘われたら必ず行く』ということ自体は間違っていないが、利害関係者との会食は注意して行かないほうがいいし、高額の時に割り勘にできていないことが問題だ」と指摘しました。