新型コロナ プール方式
「行政検査と認め活用」

新型コロナウイルスへの対応として、複数の検体を混ぜて分析を行う「プール方式」について、田村厚生労働大臣は、行政検査として認め、医療機関や介護施設を中心に、クラスターの防止に役立てたいという考えを示しました。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、田村厚生労働大臣は、「医療施設や介護施設などで、しっかりと感染者を見分けるスクリーニングを行い、なるべく無症状の人を含めて、検査をやっていかないといけない」と述べました。

そのうえで、複数の検体を混ぜてPCR検査を行う「プール方式」について「医療施設や介護施設、場合によっては繁華街など感染している可能性が非常に高いところの行政検査として、しっかり実行していきたい」と述べ、行政検査として認め、クラスターの防止に役立てたいという考えを示しました。

一方、インフルエンザとの同時流行に備えて確保していた「抗原検査キット」について、田村大臣は、インフルエンザの感染者が見込みを下回り、1250万のキットが、今も使用されていないことから、医療施設や介護施設などでの行政検査で使用する方針を示しました。