大学共通テスト「予定通り
実施」萩生田文科相

実施まで1か月を切った「大学入学共通テスト」について、萩生田文部科学大臣は、新型コロナウイルスの感染防止対策を講じた上で予定どおり実施する考えを改めて示すとともに、体調が万全でない時は無理をせず追試験の申請をするよう呼びかけました。

来月初めて実施される予定の「大学入学共通テスト」は、新型コロナウイルスの影響を考慮して、第1日程が1月16日・17日の2日間、第2日程が1月30日・31日の2日間の日程で行われ、あわせて53万人余りが出願しています。

これについて萩生田文部科学大臣は、閣議のあとの記者会見で「受験生だけでなく、保護者や高校の先生方などの努力がむだにならないよう予定どおり実施したい」と述べ、感染防止対策を講じた上で予定どおり実施する考えを改めて示しました。

その上で「仮に体調に不安を感じた場合には、自身と周りの受験生を守るためくれぐれも無理をしないようにお願いをしたい」と述べ、体調が万全でない時は無理をせず追試験の申請をするよう呼びかけました。