「審査に過ちない」大飯原発
めぐる判決で 規制委員長

福井県にある大飯原子力発電所について、大阪地方裁判所が原発の設置を許可した国の決定を取り消すとした判決を言い渡したことを受け、原子力規制委員会の更田委員長は会見で「私たちの審査には過ちも欠落もなかったと考えている」と述べました。

関西電力の大飯原発3号機と4号機について住民らが、設置を許可した原子力規制委員会の決定を取り消すよう求めていた裁判で、大阪地方裁判所は今月4日、許可を取り消す判決を言い渡しました。

これについて、規制委員会の更田豊志委員長は、9日の定例会見で「私たちの審査には過ちも欠落もなかったと考えている。判断に自信を持っている」と述べました。

そのうえで、判決を不服として控訴するかは「適切に対応する」と述べるにとどまりました。

また、判決で想定される地震の揺れ、「基準地震動」をめぐって算出に使う式の結果に「ばらつき」があるものの、審査ではこの「ばらつき」を反映すべきかを検討していないと指摘されたことについて、更田委員長は「『ばらつき』について十分な検討は行われてきたと考えている。判決では審査に使うガイドの一部に注目しているが、誤解されている部分もあるので解説をつけるなどわかりやすくできないかといったことも考えていきたい」と述べました。