参院本会議で決算質疑
初の手話を交えた質問も

参議院本会議では、令和元年度の決算質疑が行われ、今井絵理子議員が初めて手話を交えた質問を行いました。

自民 今井氏「一層強力な対策を」

自民党の今井絵理子氏は、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、「多くの方々が、厳しい環境に置かれている。特に、若者、女性、障害者が今、とても苦しい状況にある。雇用や生活、人権を守るために一層強力な対策を講じる必要がある」と求めました。
これに対し、菅総理大臣は「社会経済は大きな影響を受け、若者、女性、障害者の方を含め国民の雇用や生活にも広く影響が及んでいる。政府として、このコロナ禍でさまざまな対策を講じてきた。引き続き感染拡大が続く中、国民の命と暮らしを守り抜くという強い決意のもとで、感染拡大防止に全力を挙げるとともに、国民の雇用や生活の状況を踏まえて、必要な取り組みはちゅうちょなく実施していく」と述べました。

立民 古賀氏「Go Toトラベル 再検討を」

立憲民主党の古賀之士氏は、「Go Toトラベル」について「『感染拡大の主要な原因であるとのエビデンスは無い』としているにもかかわらず、札幌や大阪について適用を外すという、支離滅裂な対応を取っている。感染者が増えている東京の発着を含め、根本的に再検討し、早急に結論を出すべきだ」とただしました。
これに対し、赤羽国土交通大臣は「札幌市と大阪市の医療体制に負荷をかけることを避けるため、予防的措置として、両市を目的地とする旅行への適用を一時的に停止し、両市に居住する方に対し、利用自粛を強く呼びかけることとした。今後、感染が増えている地域への対応は、政府の分科会や知事らの意見を踏まえて検討するとともに、引き続き、感染拡大防止に向けた取り組みを徹底し、適切に事業を運用していく」と述べました。
また、菅総理大臣は、新型コロナウイルス対策として、国が都道府県を通じて、医療機関などに配分している交付金について、およそ3兆円の予算を確保してきたとしたうえで、「実際に医療機関に届いている金額は0.6兆円で、医療機関からの申請の約5割となっている。田村厚生労働大臣には、速やかに医療機関に届けるよう厳しく指示しているし、全国の知事にも早期執行を要請している。一刻も早く医療機関に届けられるよう対応していく」と述べました。

菅首相『桜を見る会』懇親会「今後とも誠実に答弁」

一方、菅総理大臣は、「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会に関連するみずからの答弁について、「私はこれまでも、国会でお尋ねがあれば、誠実に答弁してきたし、今後とも、誠実に答弁をしていく」と述べました。

今井氏が手話交え質問 参院本会議では初

自民党の今井絵理子参議院議員は、みずから手話を交えながら質問を行いました。

参議院によりますと、本会議での手話を使った質問は初めてだということです。

本会議のあと、今井氏は記者団に対し「コロナ禍で障害のある方が不安を感じており、耳の不自由な方々に少しでも審議を丁寧に伝えたかった。今後もバリアフリーに取り組んでいきたい」と述べました。