新文書「ざんの必要なく
ありのままの報告」中村知事

加計学園の獣医学部新設をめぐり愛媛県が21日国会に提出した新たな内部文書について、愛媛県の中村知事は記者団に対し「愛媛県が文書を改ざんする必要はなく、ありのままの報告だ」と主張しました。

愛媛県が21日国会に提出した資料の中には、学園側からの報告として、平成27年2月25日に加計理事長が安倍総理大臣と会い、獣医学部の構想を説明したなどと記載された文書もありました。

これについて安倍総理大臣は22日午前、記者団に対し「ご指摘の日に加計氏と会ったことはない。念のため記録を調べたが確認できなかった。獣医学部について加計さんから話を聞いたこともないし、私から話したこともない」と述べ、文書の内容を否定しました。

愛媛県の中村知事は22日午後、記者団に対し「愛媛県としてはこれまでも、当時のやり取りについては間違っていることは言っていない。今回、国会に提出した文書についても、なにも改ざんする必要はなく、ありのままに報告書類として出されたものだ」と主張しました。

官房長官「対応を考えていない」

菅官房長官は記者会見で、記者団が「愛媛県側に事実関係の確認など何らかの対応をとる考えはあるか」と質問したのに対し「愛媛県が作成した文書の評価について政府としてコメントする立場にはない。何らかの対応をとることは考えていない」と述べました。