“杉田官房副長官の国会出席
と集中審議を” 野党

「日本学術会議」の会員任命をめぐって、野党側は、杉田官房副長官が任命の決裁文書の調整にあたっていたとして、直接、経緯をただすため、国会審議に出席させるとともに、予算委員会の集中審議を行うよう求めていくことを確認しました。

「日本学術会議」が推薦した会員候補6人が任命されなかったことをめぐり、立憲民主党、共産党、国民民主党、社民党の国会対策委員長らが会談し、これまでの国会審議で、「政府は説明責任を果たしていない」という認識で一致しました。

そのうえで、杉田官房副長官が任命の決裁文書の調整にあたっていたことが菅総理大臣の答弁で明らかになったとして、直接、経緯などをただすため、国会の審議に出席させるとともに、予算委員会の集中審議を行うよう、与党側に求めていくことを確認しました。

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し、「この問題は、6人を外した事実関係をつまびらかにし、理由をはっきりしないかぎり終わらない。菅総理大臣は、杉田副長官からの説明にどう納得したのか。また、杉田氏は、どう説明をしたのか話す責任がある」と述べました。