野党 官房副長官の予算委
出席求めるも 与党応じず

「日本学術会議」の会員任命をめぐる政府の対応について、参議院予算委員会の理事懇談会で、野党側が、経緯をただすため、杉田官房副長官を出席させるよう改めて求めたのに対し、与党側は、加藤官房長官らが対応するとして応じない方針を重ねて伝えました。

「日本学術会議」が推薦した会員候補6人が任命されなかったことをめぐり、菅総理大臣は、4日の衆議院予算委員会で、6人が決裁文書に入っていないことを、内閣府が決裁を起案する前に、杉田官房副長官から報告を受けたことを明らかにしました。

これを受けて、野党側は、4日午後開かれた参議院予算委員会の理事懇談会で、経緯をただす必要があるとして、杉田副長官を委員会に出席させるよう改めて求めました。

これに対し、与党側は、加藤官房長官らが対応するとして応じない方針を重ねて伝えました。

一方、4日の質疑のあと開かれた衆議院予算委員会の理事会では、野党側が「日本学術会議」をめぐる政府の対応などについて、さらに議論するため、集中審議を開くよう求めたのに対し、与党側は法案の審議状況などを見極めたいとして、引き続き協議することになりました。