京ディズニーリゾート
休園で浦安市42億円減収に

新型コロナウイルスの影響で、東京ディズニーリゾートが長期間休業したことによる観光業の大幅な落ち込みを受けて、地元の千葉県浦安市は、今年度の市税収入が当初の予想より42億円近く少なくなる見通しとなりました。

千葉県浦安市にある東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、新型コロナウイルスの影響でおよそ4か月間休園するなどして、市内のホテルや飲食業をはじめとする観光業が大きな打撃を受けました。

浦安市によりますと、今年度の市税収入は、当初予算では市民税や固定資産税などを合わせて422億円を見込んでいました。

しかし、休園の影響を受けて法人市民税を中心に、およそ42億円減収となり、380億円ほどまで落ち込む見通しだということです。

市は減収を穴埋めするため地方債を11億円発行するほか、街路樹の整備や公共施設の修繕のための積み立てを取りやめるなど、今年度の事業計画の見直しを進めています。

浦安市は、これを踏まえた補正予算案を4日に開会する市議会に提出することにしています。浦安市の内田悦嗣市長は「過去に例のない減収で非常に厳しい状況だが、市民サービスを停滞させることなく乗り越えていきたい」と話していました。