科省元局長 汚職事件の
初公判で無罪を主張

文部科学省の元局長が、東京医科大学に息子を不正に合格させてもらったとして起訴された汚職事件の初公判が開かれ、元局長は「不正をしてまで合格させたいなどという、こそくなことを考えたことはない」と述べ、無罪を主張しました。

文部科学省の佐野太元局長(60)は、国が私立大学を支援する事業の選定で東京医科大学に便宜を図った見返りに、おととし大学を受験した息子を不正に合格させてもらったとして受託収賄の罪に問われています。

また、東京医科大学の臼井正彦前理事長(79)と、鈴木衞前学長(71)が贈賄の罪に、医療コンサルタント会社の元役員、谷口浩司被告(49)が収賄のほう助の罪に問われています。

6日、東京地方裁判所で開かれた初公判で、佐野元局長は「私は無実です。息子は点数の加算が無くても正々堂々と合格していたし、賄賂は存在しない。不正をしてまで合格させたいなどという、こそくなことを考えたことは天地神明に誓って一度も無い」と述べ、無罪を主張しました。

また、臼井前理事長も「元局長には支援事業の申請のアドバイスはできないと断られた。入試での加点のことは一切、元局長には言っていない」と述べるなど、4人の被告が全員、無罪を主張しました。

一方、検察は冒頭陳述で「佐野元局長は会食の場で、東京医科大学を受験する予定の息子について『またよろしくお願いします』と切り出し、これに対して臼井前理事長は自分の判断で加点して合格させることができると伝えた。そのうえで前理事長が支援事業について助言や指導を依頼した」と述べました。

佐野元局長 無実の主張 5つの理由

初公判で佐野元局長は「私は無実です」と述べたうえで、理由を5つ挙げました。

1つ目は、賄賂が存在しないことです。

元局長は「私の知らないところで息子の1次試験の結果に10点が加算されていたようだが、加算がなくても1次試験に通っていたし、2次試験も含めて最終的に合格していたことが明らかにされている。正々堂々と東京医科大学に合格していたので、不正合格でも裏口入学でもない。不正な利益などなく、賄賂は存在しない。こうした事情があるにもかかわらず、私が逮捕されてから息子は裏口入学という事実無根のレッテルを貼られ、不名誉な報道が一方的に流された。SNS上では息子に対して、いまだにひぼう中傷や脅迫めいた書き込みが続いていて、親としては断腸の思いだ」と主張しました。

2つ目は、賄賂の認識がないことです。

元局長は「東京医科大学の入試で、特定の受験生に対して点数の加算が行われていたことについては、学外者である私が知るよしもなく、現に全く知らなかった。臼井前理事長と会食の席や電話で話す機会があったが、息子の点数に加算するという話は一切、聞いたことはなく、息子の合格を知った時に合格が加点による賄賂だと気付くことはできなかったし、賄賂を受け取ったという認識も全くありませんでした」と述べました。

3つ目は、大学側から依頼を受けていないことと、特別な便宜を図っていないことです。

元局長は「会食の際に私が引き受けたことは、ブランディング事業の趣旨を説明する文部科学省の窓口担当者の紹介だけだった。事業計画書の記載について指導してほしいといった依頼を受けていない。支援対象校の選定にあたって働きかけを行ったこともなければ、特別な便宜を図ったことはない」と主張しました。

4つ目は、合格が賄賂の対価だという認識がないことです。

元局長は「賄賂をもらうような特別な取り計らいをした覚えもないので、逮捕後に10点の加算を知った時は耳を疑った。東京医科大学のブランディング事業と、息子の受験とを関連づけて考えたことなど全くなかった」と述べました。

5つ目は、職務権限がないことです。

元局長は「ブランディング事業の支援対象校は、選考委員会の審議で選定され、中立性を担保するために文部科学省の職員は関与できない仕組みになっている。私がついていた官房長や科学技術・学術制作局長に、選定に関する職務権限はない」と述べました。

検察の冒頭陳述の詳細

検察は冒頭陳述で佐野元局長が大学側に便宜供与を図っていたことや、息子の合格が賄賂にあたることについて、説明しました。

元局長の便宜供与

検察が佐野元局長と臼井前理事長との間で便宜供与のやり取りが行われたとしたのが平成29年5月に都内の飲食店で開かれた会食の場です。同席していたコンサルティング会社の谷口元役員が録音した音声を証拠として提出しました。

この場で臼井前理事長は文部科学省に支援事業の計画書を出すことについて、「ちょっとご指導を賜ることができたら」と依頼し、佐野元局長は「誰がいいかちょっと見繕いますので」と答えました。

元局長は文部科学省の中で適切な職員に指導させるとしましたが、翌日、文部科学省が公平性の観点から申請についての問い合わせに対応していないことがわかり、前理事長と会って、みずからが関与していることを口外しないよう口止めしたということです。

その後はコンサルタント会社の元役員を介して計画書案を受け取ったりアドバイスしたりしたとしています。

息子の合格の賄賂性

検察は元局長の息子の大学合格には賄賂性があったとしています。

平成29年5月の会食を録音した音声では、元局長が息子が次の年も東京医科大学を受験する予定と伝え、「またよろしくお願いします」と切り出し、前理事長は「来年は絶対大丈夫だと思いますので」などと返答。前理事長は前年度に元局長の息子が受験した成績が書かれた紙を見せて「もうあと5点、10点ほしい」と述べ、みずからの判断で点数を加算し合格させられるといったやり取りがあったとしています。

その翌年、元局長の息子は東京医科大学を受験しました。検察は受験の後も元局長と前理事長が連絡を取り合っていたとしています。

元理事長は1次試験の結果を見て、元局長の息子は合格ラインに達していたものの、2次試験の合格は難しいと認識。この場で鈴木前学長に対し、文部科学省の幹部の息子が受験していることを伝え、1次試験の得点に10点を加点することを提案し、承諾されたとしています。

前理事長はその後、元局長に電話をかけ、「ある程度の配慮はいたしました」と述べたうえで、小論文や面接が行われる2次試験の注意点を伝えたということです。

合格発表の前には元局長が前理事長に電話で合否を尋ね、補欠合格は確実だと伝えられると、補欠ではなく正規合格させてほしいといった依頼をしたということです。