学入試のセンター活用
「受験機会の最大限確保を」

来年実施される大学入学共通テストに設定された特例追試で、センター試験の緊急対応用の問題が活用されることについて、萩生田文部科学大臣は、受験機会を最大限に確保することが重要だとして理解を求めました。

来年実施される大学入学共通テストは、新型コロナウイルスへの感染などで受験できなかった場合に備えた特例追試も設定されていて、この試験には、過去に作られたセンター試験の緊急対応用の問題をベースに、専門家が修正を加えて出題することになっています。

萩生田文部科学大臣は、閣議の後の記者会見で、この問題について、「基礎的な学習の達成の程度を判定することを目的として作成されたもので、今回の非常時にあって、これを活用して受験生の受験機会を最大限に確保することが重要だと考えている」と述べ、理解を求めました。

そのうえで、萩生田大臣は「今の高校3年生たちが今まで学んできたものの範囲の中でしっかり出題するので、不利益を被るようなことがない制度設計になっている」と述べました。