民“予算委集中審議を”
自民“司法の分野”

自民党を離党した、河井克行前法務大臣と妻の案里参議院議員の逮捕を受け、立憲民主党は予算委員会の集中審議を行うよう求めたのに対し、自民党は難しいという認識を伝えました。一方で、午後に法務委員会の理事懇談会を開き、法務省から説明を受けることで合意しました。

前の法務大臣の河井克行容疑者と妻で参議院議員の案里容疑者が、公職選挙法違反の疑いで逮捕されたことを受けて、自民党の森山国会対策委員長と立憲民主党の安住国会対策委員長は、19日午前、国会内で対応を協議しました。

この中で安住氏は安倍総理大臣の任命責任などをただす必要があるとして、予算委員会の閉会中審査を開催し、集中審議を行うよう求めました。

これに対し森山氏は「立法府として、司法の分野に立ち入るべきではない」などとして、集中審議の開催は難しいという認識を伝えました。

一方で、事件について法務省から説明を受けるため、19日午後、法務委員会の理事懇談会を開くことで合意しました。

麻生副総理「今はきちんとやるのが内閣の仕事」

河井克行前法務大臣と妻の案里参議院議員が逮捕されたことについて、麻生副総理兼財務大臣は19日の記者会見で「すでに司法の話に移っているので、そこできちんとしていただくことに尽きると思う。今は森法務大臣が頑張っているが、穴が空いて止まるとか、引っ掛かるとかないように、きちんとやっていくのが内閣としての仕事、使命だという感じがする」と述べました。

森法相「信頼確保に全力」

河井前法務大臣の後任の森法務大臣は記者会見で「大変遺憾である。事態については大変深刻に受け止めている。現在捜査中の個別の事件については、法務大臣として所感を申し述べることはできかねるが、法務行政全体の信頼確保に向けて今後も全力を挙げていく所存だ」と述べました。

自民 森山氏「議員逮捕で予算委開いた前例ない」

自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し「平成になってから、議員が逮捕されたことを受けて予算委員会を開いた前例はない。立法府として、司法の分野に立ち入らないという三権分立の考え方は非常に大事だ」と述べました。

また「同僚議員が逮捕されたことは遺憾だが、安倍総理大臣は任命責任について、きのう記者会見で釈明していると思う」と述べました。

立民 安住氏「極めて異例 総理説明を」

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し「前法務大臣が逮捕される極めて異例な事態に、衆参両院の議員が同じ事案で逮捕されるという本当に異例ずくめの展開だ。速やかな議員辞職を求めることになるのではないか」と述べました。そのうえで「去年の参議院選挙の前に、自民党本部から河井案里参議院議員の側に振り込まれた1億5000万円が買収に使われたのであれば、説明責任を求められる。答えられる人は自民党総裁の安倍総理大臣しかいない」と述べました。

閣僚の発言相次ぐ

衛藤一億総活躍担当大臣は「大変遺憾で、捜査の推移を見守っていきたい。自分も含め、国会議員はみずからの襟を正さないといけないと感じている」と述べました。

武田国家公安委員長は「捜査機関の活動内容に関わることなので、コメントは控えたいが、安倍内閣のもとで一緒に仕事をした同志だったので、非常に残念に思っている」と述べました。

一方、田中復興大臣は「事実だとすれば大変なことであり、国民に大変申し訳ない。政治家は、国民から選ばれて地位を与えられており、あくまでも本人が出処進退を明らかにし、きちんと説明責任を果たしていかなければならない」と述べました。

橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣も「本人が政治家として、しっかりと説明責任を果たしていくことだ」と述べました。