国の香港統制強化「深く
憂慮 G7と連携」茂木外相

中国が香港への統制を強めていることについて、茂木外務大臣は「深く憂慮している」とする日本の立場を改めて説明したうえで、G7=主要7か国の枠組みで適切なメッセージを発信するため、連携していく考えを示しました。

中国が香港で反政府的な動きを取り締まる「国家安全法制」を導入することについて、茂木外務大臣は記者会見で「わが国は関係国に先がけて『深い憂慮』を表明している。香港は、一国二制度のもと民主的に発展していくことが重要だ」と述べ、日本の立場を改めて説明しました。

そのうえで「基本的価値や考え方を共有するG7=主要7か国と緊密に連携することが重要だ。香港情勢については、G7を含め、適切なメッセージの発信を行うべく関係国と連携していきたい」と述べました。

外務省は、G7の外相による声明で中国への懸念を表明することも含め、関係国との調整を進めています。