ットの中傷 適切な刑事
罰の在り方検討へ 森法相

民放の番組に出演していたプロレスラーの女性が、SNS上でひぼう中傷が相次ぐ中、自殺したとみられる問題で、森法務大臣は省内に設置した作業チームで、適切な刑事罰の在り方などを検討する考えを示しました。

シェアハウスでの共同生活を記録するフジテレビの番組に出演していたプロレスラーの木村花さんが、SNS上でひぼう中傷が相次ぐ中、先月亡くなり、自殺したとみられています。

これについて、森法務大臣は記者会見で「インターネット上でのひぼう中傷などの書き込みは、取り返しのつかない重大な人権侵害につながるものであり、決してあってはならない」と述べました。

そのうえで森大臣は、1日に省内に作業チームを設置したことを明らかにし「侮辱罪にあたりうるということも考えられるが、侮辱罪の場合は公訴時効が1年なので、今、インターネット上で書き込みをされたとき、相手を特定する開示手続きに時間がかかり、1年を過ぎてしまうといった、さまざまな指摘がある」と述べ、適切な刑事罰の在り方などを検討する考えを示しました。

高市総務相 来月に制度見直しの全体像を

ネット上でひぼうや中傷を受けた人が、匿名で投稿した人物の情報開示をSNS事業者などに請求できる「プロバイダ責任制限法」の仕組みについて、総務省の有識者会議は手続きを円滑にするための見直しなどを検討しています。

これについて高市総務大臣は2日、記者団に対して「いかに迅速で負担の少ない形で被害者を救済できるかという観点で、有識者会議で検討していただいている」と述べました。

そのうえで高市大臣は、「来月、会議として中間の取りまとめを行う予定で、その段階でできるだけ全体像を示していただき、必要な省令の改正や法改正などに取り組みたい」と述べ、来月、制度の見直しの全体像をまとめたいという考えを示しました。