束後に発生源やWHO
の徹底検証を」官房長官

新型コロナウイルスについて、安倍総理大臣が「中国から世界に広がったのは事実だと考えている」と述べたことに中国側が反発していることに関連し、菅官房長官は、事態の収束後に発生源なども含め徹底的な検証が必要だという考えを示しました。

安倍総理大臣が25日の記者会見で「新型コロナウイルスが中国から世界に広がったのは事実だと考えている」と述べたことに対し、26日、中国外務省の報道官は「ウイルスの発生源を政治問題化することに断固として反対する」などと述べました。

これに関連して菅官房長官は午前の記者会見で、中国側の発言の一つ一つにコメントすることは差し控えるとしたうえで「今回のような世界全体に甚大な影響を与える感染症に関して、自由、透明、そして迅速な形で各国が持つ情報や知見が共有されることが極めて重要だ」と指摘しました。

そして「今後、同様の事態に備えるためにも、国際社会全体が連携して、事態が収束したのちに、発生源や初動対応、WHOの機能が十分に発揮されたのかといった点を踏まえ、徹底的な検証をしなければならない」と述べました。