京感染者 報告遅れなど
47人増 大規模修正2回目

東京都は、都内で新型コロナウイルスの感染が確認された人の数について、保健所からの報告が遅れたり、重複して計上したりしていたミスが見つかったとして、累計が47人増えると発表しました。こうした大規模な修正を都が行うのは、先週に続いて2回目です。

東京都内で新型コロナウイルスの感染が確認された人は、都が毎日、保健所から報告を受けて数をまとめ、公表しています。

都は、これまでの数を精査した結果、保健所からの報告が遅れたり、重複して計上したりするミスが相次いで見つかったということです。

具体的には、保健所からの報告が遅れるなどして計上できていなかったのが58人見つかったほか、重複して計上していたのが6人、陽性だと報告されたあと陰性だと判明した人が5人となっています。

その結果、これまでの累計が47人増えて、21日までに都内で感染が確認された人は合わせて5133人になります。

また、増える人のうち、5人が死亡したということです。

今回、人数が増えるのは、先月7日から今月3日までのデータだということで、国が緊急事態宣言の解除の判断の目安とする直近1週間の数ではないため、都は判断に影響を与えないとしています。

都は今月11日にも、報告漏れや重複して計上していたミスが見つかったことを明らかにし、それまでに発表していた累計に76人を加えたばかりでした。

大規模な修正が繰り返されたことについて、都の担当者は「先月から患者の数が急増して、都と保健所の業務が増大し、日常の確認作業が追いつかなかった。患者の数は正確な情報をお伝えすべきで、再び修正という事態になり深く反省している」と話しています。