「私もで走りたいが」
千葉県 パチンコ店名公表へ

休業要請に応じず、営業を続けるパチンコ店について各地の自治体が店名の公表を行うなか、千葉県の森田知事も30日までに要請に応じなかった場合は、その店の名前の公表に踏み切る考えを示しました。

千葉県の森田知事は29日午前、オンラインで結んで開かれた全国知事会の会議に出席し、休業要請に応じていないパチンコ店について県の職員が一軒一軒回るなどして理解を求めてきたことを説明しました。

県によりますと28日現在、23のパチンコ店が営業を続け、このうち14店は30日までに休業すると回答しましたが、残る9店については確約を得られていないということです。

これを受けて記者団の取材に応じた森田知事は、店側が30日までに要請に応じなかった場合、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく店名の公表に踏み切る考えを示しました。

森田知事は「正直な話、こんなことは避けたいが、やれることをやることが大切だと考えている。私も思いきり外に行って走りたいなとか、いろんな思いがあるが、国民の正念場だと思うので、乗り越えれば光が見えてくる」と述べて感染拡大防止への理解を求めました。