HO“抗体証明書”で
職場復帰などに警鐘

WHO=世界保健機関は、新型コロナウイルスの抗体検査をめぐって、「現時点では1度感染して抗体のある人が再び感染しない証拠はない」として、抗体がある人に「証明書」を発行して職場に復帰させることなどは、さらなる感染のリスクを拡大させることにつながるかもしれないと警鐘を鳴らしました。

WHOは、欧米各国で外出制限措置の解除や経済活動の再開を判断する際の指針の1つとして議論されている抗体検査について、24日付けで手引きを公表しました。

この中でWHOは、抗体に関する考え方について、「現時点では新型コロナウイルスに1度感染して抗体のある人が再び感染しない証拠はない」として、抗体ができたとしても2度目の感染を防ぐことができるかどうかは不明だとしています。

また、抗体検査について、「迅速な血液検査を含む検査の数々は、正確性と信頼性についてさらに確認が必要だ」として、検査の技術はいまだ十分検証されていないという見方を示しています。

そのうえで、アメリカやイギリスなどで議論されている、抗体がある人に「証明書」を発行して職場などに復帰させることについては、「現時点では『免疫証明書』や『リスクのない証明書』の正確性を保証できるだけの、十分な証拠はない。こうした『証明書』は、さらなる感染のリスクを拡大させることにつながるかもしれない」として警鐘を鳴らしています。