海賊版サイト
「国が早急な対策を」首相

漫画やアニメなどをインターネットに無断で公開している海賊版サイトの被害が拡大する中、政府は緊急の対策を取りまとめ、悪質なサイトに限って閲覧できないようにするブロッキングを実施するため、官民の協議体を設置することを明記しています。

政府は13日、総理大臣官邸で知的財産戦略本部などの合同会議を開き、安倍総理大臣は、漫画やアニメなどをインターネットに無断で公開している海賊版サイトについて「被害が急速に拡大しており、国としても早急な対策が必要だ」と述べました。

そして、会合では、緊急の対策を取りまとめ、被害額が大きい3つのサイトを対象に、悪質なサイトに限って閲覧できないようにするブロッキングを行うべきだとしているほか、新たな海賊版サイトにブロッキングを行うため、官民の協議体を設置して適用基準などを検討するとしています。

海賊版サイトのブロッキングをめぐっては、インターネットプロバイダーなどで作る団体が「利用者のアクセスの常時監視につながり、通信の秘密の侵害などにあたる」として反対していましたが、対策では、今回の対応は緊急避難としての措置だとしたうえで、今後、ブロッキングを行うための法整備を検討するとしています。