法相答弁「謝罪し撤回
して済む話ではない」

参議院予算委員会で森法務大臣は、9日の質疑で「東日本大震災の際に福島県いわき市から検察官が最初に逃げた」などと答弁したことについて、個人の見解を発言したもので不適当だったとして撤回しました。

国民民主党の原口国会対策委員長は記者団に対し「森法務大臣の検察官に対する根も葉もないひぼう中傷、おとしめのことばを看過するわけにはいかない。事態の深刻さを考えれば、森大臣が謝罪し発言を撤回をして済むような話ではなく、与党がそれなりの対応をすると期待している」と述べました。