染確認の厚労省職員と
接触の幹部に検査求める

立憲民主党は、新型コロナウイルスの感染が確認された厚生労働省の職員と接触した副大臣や加藤厚生労働大臣も含めた幹部に、ウイルス検査を行うよう自民党に要請しました。

21日に開かれた衆議院財務金融委員会で、厚生労働省の担当者は、橋本副大臣と自見政務官が、クルーズ船で業務を行って新型コロナウイルスの感染が確認された職員と業務上、接触があったことを明らかにしました。

これを受けて、立憲民主党の安住国会対策委員長は、自民党の森山国会対策委員長と会談し、橋本副大臣と自見政務官のほか、2人と接触した幹部らにも感染が広がる可能性が排除できないと指摘しました。

そのうえで加藤大臣を含め、幹部に速やかにウイルス検査を行い、結果を国会に報告するよう要請しました。

また、東京高等検察庁の検事長の定年延長について、法務省が国家公務員法の解釈を変更した日時を示す文書の提出も要請しました。

これに対し森山氏は「厚生労働省と協議したい。また、法務省にも確認して返事をしたい」と述べました。

安住氏は記者団に対し「橋本副大臣と自見政務官は、国の中枢機関に出入りしており早急に検査を実施してほしい」と述べました。

野党3党 医療体制強化や予算拡充申し入れ

立憲民主党、国民民主党、社民党などは、21日、国会内で新型コロナウイルスへの対応策を菅官房長官に申し入れました。

それによりますと、遺伝子レベルでの検査体制の拡充や医薬品などの流通確保、ワクチンや治療薬の開発に全力で取り組むことなどを求めています。

また集団感染が確認されたクルーズ船について、下船した人たちの健康観察の徹底や、船内の感染防止対策の見直し、それに乗客らへの適切な情報提供などを要請しています。

さらにこうした医療体制の整備や根本的な経済対策を行うため、予算措置を大幅に拡充すべきだとしています。

これに対して、菅官房長官は「連携すべき問題なので協力したい」と述べました。

申し入れのあと、立憲民主党の逢坂政務調査会長は記者団に対し「政府の対応は必ずしも的確ではなく、場当たり的で国民に不安が広がっている。緊張感を持って対応してほしい」と述べました。