流「粘り強く協議の
継続を」連合会長

立憲民主党と国民民主党の合流が、当面、見送られたことについて、両党の支持団体の連合の神津会長は「政党が一緒になることは簡単ではない」と述べて、現時点での合流の見送りに理解を示す一方、今後も粘り強く協議を続けるよう求めました。

立憲民主党と国民民主党は、当面、合流を見送ることになり、両党が国会論戦に集中したいとしているため、実質的な協議は、いったん打ち切られる形となっています。

連合の神津会長は記者会見で「政党が一緒になることは簡単ではない。有権者にとって、理念や政策を置き去りにして一つの政党になっても、かえって分かりにくい」と述べて、現時点での合流の見送りに理解を示しました。

そのうえで「すべて白紙に戻すということではないので、今後を見守りたい。お互いの立場を尊重し、丁寧に粘り強く取り組んでもらいたい」と述べました。