井前法相 2か月半ぶり
登院 離党や辞職「考えず」

去年10月に辞任した自民党の河井克行前法務大臣は通常国会が召集された20日、およそ2か月半ぶりに登院しました。

河井克行 前法務大臣は去年10月、「週刊文春」で、先の参議院選挙で当選した妻の河井案里参議院議員の陣営が、いわゆるウグイス嬢に法律の規定を超える報酬を支払っていたなどと報じられて法務大臣を辞任し、先週には広島地検が事務所を捜索しました。

辞任以来、国会を欠席していた河井克行氏は、通常国会が召集された20日、およそ2か月半ぶりに登院し、国会内で記者団に対し「政治不信を招き、深くおわび申し上げたい。国会にしっかり出席して国会議員の責務を果たしたい」と述べました。

そのうえで「刑事事件としてすでに捜査が始まっており、捜査に支障を来すことは慎むよう弁護士に言われていることから、所感や考えを述べることは控えたい」と述べました。

一方、離党や議員辞職については「全く考えていない」と述べ、改めて否定しました。