国 武漢の肺炎 国内で
初確認 渡航した男性から

中国の湖北省武漢で、新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎が相次いでいる問題で、武漢に渡航していた神奈川県に住む中国籍の男性が帰国後に肺炎の症状を訴え、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。国内で感染者が確認されたのは初めてです。

厚生労働省などによりますと、新型のコロナウイルスが確認されたのは、神奈川県に住む30代の中国籍の男性で、中国の湖北省武漢に渡航していた今月3日に発熱し、6日に日本に帰国したあと医療機関を受診し肺炎の症状で入院しました。

国立感染症研究所が検査した結果、武漢で相次いだ新型コロナウイルスへの感染が確認されたということです。

国内でこのウイルスの感染者が確認されたのは初めてです。

男性の症状は回復し、15日退院して現在は自宅で療養していて、今の時点では神奈川県にいる家族や医療関係者などへの感染は確認されていないということです。

男性は今回の肺炎患者が相次いでいる武漢の海鮮市場には立ち寄っていないものの、武漢に滞在中、一緒に生活していた人の中に、肺炎の患者がいたと話しているということです。

武漢では先月以降、原因不明の肺炎の患者が相次ぎ、これまでに41人の患者から新型のコロナウイルスが検出され、このうち61歳の男性1人が死亡しています。

厚生労働省は従来の検疫体制を続けたうえで、武漢からの帰国者でせきや発熱などの症状がある場合は速やかに医療機関を受診し、渡航歴を申告するよう呼びかけています。

一方で、今回の肺炎が人から人に次々に感染するケースは確認されていないため、男性の周りで感染が広がる可能性は低いとしています。

ウイルス確認までの経緯

新型のコロナウイルスが確認された神奈川県の30代の男性は中国・湖北省武漢に滞在していた今月3日に発熱の症状が出ました。そして、今月6日に日本へ帰国しましたが、男性はこの時、解熱剤を飲んでいたと話していて、厚生労働省は解熱剤で熱がおさまり、入国の際にサーモグラフィーを使って発熱の有無を調べる検査で異常が確認されなかった可能性があるとしています。

男性は帰国した6日に神奈川県内の医療機関を受診し武漢への渡航歴を申告しましたが、この時は症状が比較的軽く帰宅しました。

しかしその後、熱が上がり今月10日になって肺炎と診断され、神奈川県内の医療機関に入院しました。

その後、14日に医療機関が保健所に武漢に渡航歴のある肺炎患者がいることを報告。15日夜、国立感染症研究所の検査で男性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

男性は症状が回復し、15日医療機関を退院し、現在は自宅で療養しているということです。

国内の検査制度の流れ

今回、新型コロナウイルスの確認は「疑似症サーベイランス」という検査制度に基づいて行われました。

これは医療機関が原因が特定できない感染症について、重症の場合に限って保健所を通じて国と情報共有し、国立感染症研究所で検査を行う仕組みです。

男性は帰国した今月6日に神奈川県内の医療機関を受診しましたが、症状が軽かったため帰宅し、重症ではなかったことから、保健所への報告は行われませんでした。

その後、熱が上がって入院したあと、エックス線検査で症状が悪化する兆候が見つかったため、医療機関が保健所に報告したということです。

厚生労働省が一連の状況を把握したのは14日で、男性が帰国した8日後でした。

国立感染症研究所は今後より早い段階で対応できるよう、武漢から帰国した人が医療機関で肺炎と診断された場合、重症でなくても保健所に報告するよう求めています。

官房長官「情報収集や検疫など万全の態勢で行う」

菅官房長官は午前の記者会見で、「政府はきょう午前、関係省庁連絡会議を開催した。現時点で持続的なヒトからヒトへの感染は確認されていないが、厚生労働省を中心に国際的な情報収集や、検疫の着実な実施、関連性が疑われる患者が確認された場合の検査などについて、引き続き万全の態勢で行っていく」と述べました。

そのうえで「今般の肺炎はWHOや国立感染症研究所のリスク評価によると、現時点においては家族間などの限定的なヒトからヒトへの感染の可能性は否定できない事例が報告はされているものの、持続的にヒトからヒトへの感染が明らかな兆候はないとされている」と述べました。

また、記者団が「政府は昨夜の時点で陽性であることをつかんでいたのにもかかわらず、けさまで発表しなかったのはなぜか」と質問したのに対し、菅官房長官は「公表時期については現時点において持続的なヒトからヒトへの感染は確認されていないことを踏まえて、厚生労働省において判断されたと報告を受けている」と述べました。

国交相「後手に回らないように水際対策取る」

国内で新型コロナウイルスへの感染が確認されたことについて赤羽国土交通大臣は都内で記者団に対し、「後手に回らないように水際対策を取るというのは政府のやらなければならないことだ。国土交通省としても厚生労働省など関係省庁と連携して、国内で広がらないよう万全の対策を取っていきたい」と述べ、全国の空港や港で適切な検疫を実施するなど水際対策を徹底する考えを示しました。

日系企業 感染予防対策進める

現地に進出している日系企業は感染予防の対策を進めています。JETRO=日本貿易振興機構によりますと、武漢やその周辺の都市には去年10月の時点で156社の日系企業が拠点を置いています。

このうち自動車部品メーカーの「ヨロズ」は先週9日から拠点を置く中国の武漢と広州への出張を見合わせています。また中国から帰国した社員には病院で検査を受けるよう指示しているということです。

流通大手の「イオン」は武漢にある大型の商業施設など8つの店舗で通常どおり営業を続けていますが、売り場の棚などの消毒を徹底するようにしているほか、従業員の健康に異常がないか確認しているということです。

いずれも武漢に拠点を置く「日産自動車」と「ホンダ」それに「村田製作所」は現地の従業員や出張者に対して、手洗いを徹底したりマスクを着用したりして感染予防に努めるよう呼びかけています。

大手商社の「三菱商事」は武漢の支店を含めたすべての従業員に対し、感染予防に必要な措置を取るよう注意喚起を行ったほか、「伊藤忠商事」も16日、武漢を含めた中国の拠点の駐在員や現地のスタッフに注意を呼びかけたということです。

全日空と春秋航空日本が成田~武漢直行便運航

国内の航空会社では、全日空とLCCの春秋航空日本が成田空港から中国の湖北省武漢に直行便を運航しています。

国土交通省によりますと、日本に乗り入れている外国の航空会社のうち、日本から中国・武漢への直行便や経由便を運航しているのは合わせて5社あり、成田や関西、中部、福岡の全国4つの空港に就航しています。

このうち直行便では中国南方航空が成田と関西、中部から、中国東方航空が成田から、上海吉祥航空が関西から、春秋航空が関西から、ウルムチ航空が中部から運航しています。

また経由便では中国東方航空が福岡から上海を経由して運航しています。

航空各社では、空港のカウンターで乗客に口頭で体調を確認したり、機内では希望者にマスクを提供したりしているほか、乗務員に対して武漢では不要の外出は控えるよう呼びかけをしているということです。

コロナウイルスとは

今回、国内で初めて確認されたコロナウイルスは中国内陸部の湖北省武漢で相次いでいる肺炎の患者から検出されているウイルスと同じものです。

このウイルスについてWHO=世界保健機関はこれまでに見つかっているかぜなどの原因となるコロナウイルスとは異なり、新型だとしています。

コロナウイルスは電子顕微鏡で見ると、太陽のまわりを「コロナ」というガスが取り巻いているような形をしているところから名付けられたウイルスで、人や動物に感染します。

人に感染して、一般的に流行するものは4種類あるとされていて、国立感染症研究所によりますと、せきや発熱、鼻水などが出る、通常の「かぜ」のうち、流行期には35%がコロナウイルスによるものだとされています。

このほかに感染すると重い肺炎を引き起こすなど、重症化しやすいコロナウイルスがこれまでに2種類確認されています。

2003年に中国やアジア各地を中心に感染が広がった新型肺炎「SARS」を引き起こしたコロナウイルスと、2012年にサウジアラビアで最初に確認された重い肺炎を引き起こす「MERS」のコロナウイルスです。

このうちSARSのコロナウイルスは、コウモリが持つウイルスが人に感染するようになったと考えられており、WHOの報告ではSARSによって、最終的に800人近くが死亡し、致死率はおよそ10%にのぼるとされています。

国立感染症研究所によりますと、SARSはせきや飛まつを介してヒトからヒトに感染し、医療従事者への感染が頻繁にみられたほか、死亡した人の多くは心臓病や糖尿病などの持病がある人や高齢者だったということです。

ただ理由はよく分かっていませんが、2005年以降、人への感染は確認されていないということです。

またMERSのコロナウイルスはラクダが持つウイルスが広がったのではないかと考えられており、中東を中心に、韓国でも感染が広がりました。

WHOによりますと、現在も中東を中心に患者の報告があり、去年11月末の時点でおよそ2500人が感染し、そのうち少なくとも850人が死亡したとされ、致死率は30%余りとされています。

国立感染症研究所によりますと、サウジアラビアで行われたおよそ1万人を対象にした大規模な調査では0.15%の人がMERSの抗体を持っていたとされています。

このためMERSに感染した人はこれまでに分かっている以外にも数万人いるものとされていて、高齢者や持病のある人が重症化しやすいと考えられるということです。

SARSもMERSも動物が持つウイルスの遺伝子が変異して人の間で広がりやすくなったとみられ、原因が分からない段階で多くの国や地域に感染が広がりました。

今回確認されている肺炎も同様に動物が持つウイルスに感染したことで発症した可能性があり、WHOはさらなる調査が必要だとしています。

中国 武漢では41人感染 “ヒトからヒト 排除できない”

中国内陸部の湖北省武漢で確認されている新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎の患者について、武漢の保健当局は、15日現在で、患者は41人にのぼり、このうち61歳の男性1人が死亡したほか6人が重症だとしています。

すでに病状が回復して7人が退院していますが、そのほかの患者については、武漢市内の医療機関に隔離して治療を行っていて、容体は安定しているとしています。

地元当局は、患者の中に夫婦で発症しているケースがあるとして限定的ではあるものの、ヒトからヒトに感染する可能性が排除できないと指摘しています。

ただ、感染は地域で広がっておらず、ヒトからヒトに感染するリスクは比較的低いとも指摘していて、引き続き、調査を進めています。

また、タイでは、武漢から観光で訪れた61歳の中国人女性に発熱などの症状が見られたため検査したところ、検出されたウイルスが中国で確認されたものと一致したと、13日、保健当局が発表しました。

いっぽう、韓国では今月に入って、武漢に出張した中国籍の女性が肺炎の症状を訴えていたことが分かり、保健当局が関連を調べていましたが、先週、「武漢で発生している肺炎とは関係ない」とする検査結果を発表しました。

このほか、中国本土との往来が多い香港や、台湾では、空港などで検疫を強化し、感染が広がらないように水際での対策を進めています。