画「G.I.ジョー」
ロケ誘致で国が製作費補助

日本文化を海外に発信しようと、政府は海外映画のロケの誘致に取り組むことになり、10日、東京都内で、国が初めて製作費を補助して国内で撮影が行われるハリウッド映画の製作発表会が開かれました。

この映画は、シリーズ2作の興行収入が700億円を超えるハリウッドの人気アクション映画「G.I.ジョー」の最新作です。

10日、東京都内で主演俳優や監督らが出席して製作発表会が開かれました。

内閣府は、アニメや漫画など「クールジャパン」と呼ばれる日本独自の文化を広く海外に発信し、外国人旅行者の増加を目指そうと試験的に助成金を出すことにしました。

映画は今月下旬から3月にかけて、東京や京都、兵庫など日本各地で撮影され、年内に公開される予定だということです。

内閣府では、早ければ来年度から海外映画の製作費を補助することなどを通じて、ロケを日本に誘致する取り組みを始める方針です。

クールジャパン戦略を担当する内閣府の平副大臣は発表会で「人気作品の撮影は世界中で取り合いになっている。さまざまなインセンティブや許認可を取りやすい仕組みなどの整備を政府全体で取り組んでいきたい」と述べました。