R汚職事件 野党側が
集中審議の開催要求

IR=統合型リゾート施設をめぐる汚職事件を受けて、衆議院内閣委員会の理事懇談会が開かれ、野党側は真相解明のため、集中審議の開催や、逮捕された秋元司衆議院議員が副大臣を務めていた際の出張記録の提出などを政府・与党に求めました。

去年成立したIRの整備法を審議した衆議院の内閣委員会は、IRをめぐる汚職事件について政府から説明を受けるため、8日、理事懇談会を開きました。

この中で法務省の担当者は、逮捕された秋元議員がIRへの参入を目指していた中国企業から現金300万円などの賄賂を受け取っていた疑いがあるなどと説明しましたが、事件の詳細については「捜査中であり、答えられない」と述べるにとどめました。

これに対し野党側の理事らは、真相解明が必要だとして、委員会での集中審議の開催や、秋元議員が副大臣を務めていた際の出張や面談の記録の提出などを政府・与党に求めました。

野党側の筆頭理事を務める国民民主党の大島敦副代表は、記者団に対し「事件について真実が明らかになるまでは、きのう政府が設置したカジノ管理委員会は動かさないのが筋だ」と述べました。