権者に分かりやすい形
最大のポイント」連合会長

立憲民主党と国民民主党の合流をめぐり、連合の神津会長は年頭の記者会見で、双方の立場を尊重して議論したうえで両党首による会談で合意することに期待感を示しました。

この中で連合の神津会長は立憲民主党と国民民主党の合流に向けた話し合いについて「とにかくお互いの立場を尊重して丁寧に進めてほしい。有権者に分かりやすい形にすることが最大のポイントで、バラバラ感やガタガタ感を再び持たれるようなことだけは避けてもらいたい」と注文をつけました。

そのうえで「一つの大きなかたまりを希望していることには変わりないが、有権者の『期待に応えてくれた』という気持ちにつなげるものでないといけない。両代表で、そこに結び付く結論を見いだしてもらいたい」と述べ、両党首による会談で合意することに期待感を示しました。