流 丁寧に党内の議論
進めたい」国民 玉木代表

立憲民主党からの合流の呼びかけを受けて、国民民主党の玉木代表は、合流後の党名や政策などは対等な立場で協議したいという意向を重ねて示したうえで、党の地方組織の声も聞くなど、丁寧に党内の意見集約を進める考えを示しました。

立憲民主党の枝野代表は、野党勢力を結集し政権交代可能な政党を作るため、6日、国民民主、社民両党の党首らに合流を呼びかけました。

これを受けて、国民民主党の玉木代表は神戸市でNHKの取材に対し、合流後の党名や政策などは対等な立場で協議したいという意向を重ねて示したうえで、「地方の組織や議員の声も聞きたい。丁寧に党内の議論を進め、合意形成したうえで回答したい」と述べ、党の地方組織の声も聞くなど、丁寧に党内の意見集約を進める考えを示しました。

一方、安倍内閣に対する不信任決議案について玉木氏は、「提出をしない理由がなく、筋としては突きつけるべきだが、さまざまな要素を勘案して決まるので、最終的には野党で結束して対応したい」と述べました。