党4党 40日会期延長
要求と連携の動き

野党4党の幹事長と書記局長が会談し、「桜を見る会」をめぐる政府与党の対応は容認できず、安倍総理大臣から十分な説明を聞く必要があるとして、来週9日までの今の国会の会期を40日間延長するよう求める動議を提出する方針を決めました。

来週9日に迫った国会の会期末を前に、立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党の野党4党の幹事長と書記局長は、終盤国会の対応を協議しました。

協議では閣僚2人の辞任に加え、「桜を見る会」をめぐって安倍総理大臣は説明責任を果たしておらず、予算委員会の開催にも応じない政府・与党の対応は容認できないという認識で一致しました。

そして、安倍総理大臣から十分な説明を聞く必要があるとして、会期を40日間延長するよう求める動議を提出する方針を決めました。

野党4党は、こうした方針を6日、党首会談を行って最終的に確認するとともに、安倍内閣に対する不信任決議案を提出するかどうかなども協議する見通しです。

立憲民主党の安住国会対策委員長は自民党の森山国会対策委員長と会談し、40日間会期を延長するよう求め森山氏は「あす返事をしたい」と述べました。

立民 福山氏「閉会許しがたい」

立憲民主党の福山幹事長は「『桜を見る会』をめぐる疑惑は大きく膨らむばかりだが安倍総理大臣は国会で説明責任を果たしていない。看過できない状況の中で、臨時国会を閉会することは許しがたい」と述べました。

国民 原口氏「一つの党になることに賛成で先導したい」

野党勢力の結集を目指す動きに関連して、国民民主党の原口国会対策委員長は「野党がバラバラでは話にならない」と述べ、みずからも立憲民主党などとの合流に向けて積極的に取り組む考えを強調しました。

次の衆議院選挙に向けて野党勢力を結集させるべきだとして、国民民主党の中堅・若手議員からは、立憲民主党などとの合流を早期に実現するよう求める動きが出ています。

国民民主党の原口国会対策委員長は記者会見で「衆議院の解散がいつでもありそうな時に野党がバラバラでは話にならない。できるだけ幅広い勢力が結集すべきだ」と述べました。

そのうえで、「かつての仲間で力を合わせて一つの党になることに賛成で先導したい」と述べ、みずからも、立憲民主党などとの合流に向けて積極的に取り組む考えを強調しました。

共産 志位氏「会期延長し集中審議を」

共産党の志位委員長は記者会見で、「『桜を見る会』をめぐり、疑惑は膨らむ一方で、これまでの政府の対応には安倍政治の本質的な特徴が凝縮されている。疑惑の徹底究明は国会に課せられた重要な責任であり、野党として、会期を大幅に延長し、安倍総理大臣が出席する予算委員会の集中審議を行うよう強く求める」と述べました。

連合 神津会長 「十分な意思疎通を」

野党勢力の結集を目指す動きに関連して連合の神津会長は東京都内で記者団に対し、「二大政党的運営に向けて1つの大きなかたまりができることは望みたい」と述べました。

一方で、「民主党が下野して以降のバラバラ感やバタバタ感が出て、『またか』となることだけは絶対に避けてもらいたい。当事者の政治家どうしがしっかりとコミュニケーションを重ねてもらいたい」と述べ、十分な意思疎通を図りながら進めるよう求めました。