田氏の団体 交通反則金
を政治活動費で支出

自民党の稲田朋美幹事長代行の資金管理団体が、秘書の「交通反則金」を支出していたことが分かりました。稲田氏の事務所は「道義的に適当ではなかったので近く収支報告書を修正する予定だ」としています。

29日に総務省が公表した政治資金収支報告書によりますと、自民党の稲田幹事長代行の資金管理団体「ともみ組」は、去年10月11日に政治活動費の「その他経費」として「交通反則金」1万5000円を支出していました。

稲田氏の事務所は取材に対し、秘書が1人で都内で政治活動をしていた際に駐車違反をした際の交通反則金で、業務中だったことから政治団体の経費として支払ったと説明しています。

そのうえで、「交通反則金に政治資金を支出することは道義的に適当ではなかったので、近く収支報告書を修正する予定だ」とコメントしています。