コンドー協会「アスリー
トファーストの体制に」

「全日本テコンドー協会」のすべての理事が辞任する方向となったことについて、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は選手などの立場を優先した新体制となるよう期待を示しました。

「全日本テコンドー協会」と選手側が、強化方針などをめぐり、対立している問題で、28日の協会の臨時理事会で金原昇会長を含むすべての理事が辞任することなどが決まりました。

橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は閣議のあとの記者会見で、「来年の東京大会を控える中、『アスリートファースト』の観点から、選手や現場のスタッフが納得する形で、しっかりと体制を再構築することを期待したい」と述べ、選手やコーチなどの立場を優先した体制となるよう期待を示しました。

また、東京オリンピックのマラソンと競歩の会場を札幌に移す案に関連して、橋本大臣は、「あすから始まるIOC=国際オリンピック委員会の調整委員会で議論が行われると承知しており注視していきたい」と述べました。