階氏や小泉元首相ら会合
「小池氏に勝てる候補なし」

自民党の二階幹事長や小泉元総理大臣、それに東京都の小池知事らが10日夜、会合を開き、次の東京都知事選挙について、小泉氏から「小池知事に勝てる候補者はいない」といった意見が出されたということです。

都内で開かれた会合には、自民党の二階幹事長や小泉元総理大臣のほか、山崎元副総裁や武部元幹事長、それに東京都の小池知事が出席しました。

このあと、小泉氏は記者団に対し、「次の東京都知事選挙の話をした。自民党は今、候補者を検討しているということだが、『小池知事に勝てる候補者はいない』と言っておいた」と述べました。

また、山崎氏は「二階幹事長も『そのとおりだ』と言っていた。小池知事は何一つ言わなかったが、意欲満々という感じだった」と述べました。

一方、山崎氏によりますと、会合では衆議院の解散について「当面ありえず、臨時国会を乗り切り、来年の通常国会で予算案を成立させることが最優先だ」という意見や、憲法改正について「議論は進めたいが、超党派でまとまるのは難しいのではないか」という指摘が出されたということです。