ラ必要 敵視すべきで
なく適切な管理を」首相

安倍総理大臣は、京都市で開かれている科学技術に関する国際会議で英語による基調演説を行い、海洋汚染の問題ではプラスチックを敵視するのではなく、必要なのはごみの適切な管理だと指摘し、技術革新の面を重視して問題解決を図るべきだと強調しました。

この中で安倍総理大臣は海洋プラスチックごみの問題について、G20大阪サミットの首脳宣言で2050年までに新たな汚染をゼロにすることで各国首脳と合意した一方、プラスチックには社会における重要な役割があることも明記した、と紹介しました。

そのうえで「私たちは20世紀が生んだ偉大な発明のいくつかを誇りに思うべきで、プラスチックはその一つだ。プラスチックはこの先も必要なもので、敵視したり、その利用者を排斥すべきではない」と指摘しました。

そして「必要なのはごみの適切な管理で、イノベーションに解決を求めることだ」と強調し、日本が始める、海洋ごみを含めた廃棄物管理に関する途上国支援でも、技術革新の面を重視して支援に取り組む考えを示しました。

一方、安倍総理大臣は、会議に出席するため日本を訪れているロシアのアキモフ副首相と開会式に先立って会談し、科学技術分野での日ロ間の協力などをめぐって意見を交わしました。