大型ロケット砲発射実験”
北朝鮮が発表

北朝鮮の国営メディアはキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、24日、新たに開発した「超大型ロケット砲」の発射実験を実施したと発表しました。キム委員長はアメリカを名指しすることは避けながらも軍事力で対抗していく姿勢を強めています。

韓国軍の発表によりますと、北朝鮮は24日、東部のハムギョン(咸鏡)南道から短距離弾道ミサイルとみられる飛しょう体を2発、発射しました。

これについて北朝鮮の国営メディアは、25日朝、キム・ジョンウン委員長の立ち会いのもと、24日、新たに開発した「超大型ロケット砲」の発射実験を実施したと発表しました。

公開された写真には、移動式の発射台から発射された飛しょう体がオレンジ色の炎を上げながら上昇する様子が写っています。

発射実験に立ち会ったキム委員長は、3年前の同じ日(8月24日)にSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルの発射実験に成功したと振り返りながら、「敵対する勢力の増加する軍事的脅威と圧迫攻勢を断固として制圧し粉砕する戦略戦術兵器の開発を、引き続き力強く急がなければならない」と述べ、アメリカを名指しすることは避けながらも、軍事力で対抗していく姿勢を強めています。

また、北朝鮮では25日は、「先軍節」と呼ばれる記念日で、軍事力を誇示することによって国威発揚を図る目的もありそうです。