母化」護衛艦 運用に
向け米軍協力 防衛相見通し

政府が、事実上「空母化」する護衛艦の運用をめぐり、岩屋防衛大臣は、自衛隊が、護衛艦に戦闘機を搭載して運用したことがないことを踏まえ、運用に向けてアメリカの協力を得ることになるという見通しを示しました。

政府は、去年策定した「防衛計画の大綱」に基づき、海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」を改修して、事実上「空母化」し、短距離で離陸し、垂直に着陸できるアメリカ製の最新鋭のステルス戦闘機、F35Bを搭載して運用する方針です。

これに関連して、岩屋防衛大臣は、閣議のあとの記者会見で、「わが国は、艦船でF35Bを運用したことが無い。知見を有するアメリカ側の協力や支援はいただかなければならず、例えば、検査や試験のためにお手伝いいただくことはあるのではないか」と述べ、運用に向けた試験などで、アメリカの協力を得ることになるという見通しを示しました。

そのうえで、岩屋大臣は「アメリカとは、さまざまな共同訓練などを行っていくことになると思う」と述べ、将来的には、アメリカ軍の戦闘機を「いずも」で運用することなどを含めた共同訓練を行っていく考えを示しました。