談を行う以上、拉致
問題解決に資するものに」

安倍総理大臣が日朝首脳会談の実現を前提条件をつけずに目指す考えを示したことについて、河野外務大臣は国会で、会談によって拉致問題を解決するという日本政府の方針に変わりはないと説明しました。

安倍総理大臣は先に、北朝鮮による拉致問題の解決に向け、前提条件をつけずにキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との日朝首脳会談の実現を目指す考えを示しました。

これについて、河野外務大臣は、参議院外交防衛委員会で「会談の入り口で拉致問題をうんぬんということではないということであり、会談を行う以上、拉致問題の解決に資するものにしなければならないということに何ら変わりはない」と述べ、日本政府の方針に変わりはないと説明しました。

そのうえで、河野大臣は「会談が断続的なものになるのか1回になるのか、何も決まっていない。北朝鮮とは現在もさまざまなルートでやり取りをしているが、調整の中で拉致問題を一切持ち出さないということではない」と述べました。