田氏発言「許せない」
「首相の責任問われる」

桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は、10日夜、東京都内で、岩手県出身の自民党の高橋比奈子衆議院議員のパーティーに出席し、「復興以上に大事なのが高橋さんだ」などと述べ、その後、発言の責任をとりたいとして安倍総理大臣に辞表を提出し、事実上、更迭されました。

与野党双方から発言に対する批判の声が相次いでいて、野党側は、安倍総理大臣の任命責任を追及していく方針です。

自民 吉野前復興相「許せない」

自民党の吉野前復興大臣は、10日夜、NHKの取材に対し、「復興を軽視するような発言をする大臣は許せない。安倍総理大臣も、『閣僚全員が復興大臣だ』と述べている。被災地が地元の高橋議員もびっくりしたのではないか」と述べました。

自民 林前文科相「選挙に影響なしと言い切れない」

自民党の林前文部科学大臣は、10日夜、記者団に対し、「あってはならない発言で、辞任は当然だ。与党の一員として、被災地の皆様をはじめとした関係者や、国民におわびを申し上げなければいけない。衆議院の補欠選挙はもう始まっているので、影響なしとはいかないかもしれないが、気を引き締めてやっていくことに尽きる」と述べました。

立民 枝野代表「首相の責任が問われる」

立憲民主党の枝野代表は、10日夜、東京都内で記者団に対し、「桜田大臣の辞任は当然のことだ。被災地の皆さんや、復興のために尽力している全国の皆さんを傷つける、信じられないような発言だ。これまで、政治姿勢や見識について、幾度となく、『問題がある』と指摘されながらかばい続けてきた安倍総理大臣の責任が問われる。それだけの重大な事態だ」と述べました。

国民 玉木代表「安倍政権全体の姿勢を示している」

国民民主党の玉木代表は、10日夜、東京都内で記者団に対し、「たび重なる失言で、開いた口がふさがらない。被災地を軽視する大臣に、『復興五輪』を任せるわけにはいかないので、辞任は当然だ。桜田大臣をかばい続けてきた、安倍総理の任命責任も、厳しく問われる」と述べました。
そのうえで、玉木氏は、「『全員が復興大臣だと思ってやってくれ』と、安倍総理大臣は言っているが、オリンピックという華やかな光の影で、被災地がより風化していることに問題意識を持つ大臣が、少なくなってきている。今回の発言は、桜田大臣だけではなく、安倍政権全体の、復興に対する姿勢を示している」と述べました。

公明 西田参院幹事長「辞任は当然 猛省を」

公明党の西田参議院幹事長は、10日夜、記者団に対し、「復興が内閣の最重要課題だと何度も言ってきたにもかかわらず、今も大変な生活を余儀なくされている方々の気持ちを傷つける、あってはならない残念な発言で、辞任は当然だ。心の底から猛省して、それぞれが与党の一員として、復興のために政治をやっていることを決意し直さなければならない」と述べました。

共産 小池書記局長「暴言中の暴言」

共産党の小池書記局長は、NHKの取材に対し、「被災者の思いを踏みにじる、暴言中の暴言だ。桜田大臣は、何度も失言で済まされない発言が続いていた。任命した安倍総理大臣の責任が問われる」と述べました。

維新 遠藤国対委員長「理解できない」

日本維新の会の遠藤国会対策委員長は、NHKの取材に対し、「被災地に配慮せず、議員に配慮するような発言で、配慮のしかたが間違っており、理解できない。安倍政権には、被災者が悲しむことが繰り返されないよう、気を引き締めて、被災地に寄り添った政権運営にあたってほしい」と述べました。