一地方選前半戦
各党の反応

統一地方選挙の前半戦は7日に投票が行われました。各党の反応です。

自民 二階幹事長

自民党の二階幹事長は党本部で記者団に対し、「与野党対決型の北海道知事選挙を勝利したことは大変大きなことだ」と述べました。

また、二階氏は、夏の参議院選挙について「それぞれの候補者の日頃の活動や、県連などの組織が反映されるので、一概にこの結果が今後の選挙にどう影響するかということはまだ明確ではない。党も一層力を尽くして、次なる勝利を目指したい」と述べました。

また、塚田前国土交通副大臣がみずからの発言の責任をとって辞任したことの選挙戦への影響について「全く無かったとは言えないが、それがあったからこの選挙がどうだったとは思っていない」と述べました。

公明 斉藤幹事長

公明党の斉藤幹事長は、塚田前国土交通副大臣がみずからの発言の責任をとって辞任したことの選挙戦への影響について「あったと思っている。各地で、発言に対して『与党としてどうなっているんだ』という質問を受けた。わが党としては、それを乗り越えるべく戦ったつもりだ」と述べました。

立民 辻元国対委員長

大阪府議会議員選挙で立憲民主党が初めての議席を獲得したことについて、党大阪府連の代表を務める辻元清美国会対策委員長は「大阪府議会になんとしても立憲の旗を立てたいと闘ってきたので、まず1議席をとることができ、感謝するとともに責任が重いとつくづく感じる。1つの党が圧倒的多数の議席をとってしまったときに歯止め役がどれほど大事かということを身をもって感じているので、議員には、多数の勢力としっかり対じし、おかしな方向にいきそうになったときにはしっかりとおかしいと言う役割を果たしてほしい」と述べました。

国民 岸本選対委員長

国民民主党の岸本選挙対策委員長は記者団に対し、「まずまずの結果ではないか。去年できたばかりの党で、国政選挙の経験がないので、国民の認知と支持はまだまだ足りない。統一地方選挙を通じて、党の立ち位置を草の根から伝えていきたいと戦ってきたが、後半戦も、その構えで戦っていきたい。野党第2党としては、野党第1党を中心とする包容力のある選挙態勢を組んでいくことを希望したい」と述べました。

自由 小沢代表

自由党の小沢代表は「地方から、この国の議会制民主主義を回復させる活動を積極的に展開できたと認識している。後半の選挙戦に位置する、衆議院沖縄3区補欠選挙での圧倒的な勝利に向けて、引き続き、全力で闘っていきたい」という談話を発表しました。

希望 松沢代表

希望の党の松沢代表は「去年の結党以来、初めての選挙で公認・推薦候補も少ない中、大変厳しい結果に終わった。結果として、改革保守の政治理念が、有権者に届かなかったことが残念だ。後半戦に向けて、改革保守の理念を少しでも届けられるよう、全力を尽くす」というコメントを発表しました。

社民 吉川幹事長

社民党の吉川幹事長は大分市で記者団に対し、「新人の若手の政令指定都市の市議会議員も誕生し、そういう意味で、結果を総括していかなくてはいけない。後半戦は、より住民に近いところでの戦いになるので、1人でも多く当選者を出せるように頑張りたい」と述べました。